和歌山市で戸建てを~賃貸と購入それぞれの良さ~

最近では、戸建ての一軒家に住む場合賃貸物件でもいいやという人が増えているようです。

賃貸物件でも生活に困ることはありませんし、費用も安く抑えやすいというメリットがたくさんあるからです。

もちろん購入すると財産になり、自由に使えるというメリットがあるのでどちらが得でどちらが損というのは一概にはいえません。

購入と賃貸、この2つはそれぞれに異なったメリットとデメリットがあります。

戸建てを和歌山市で購入する場合、それぞれのメリットとデメリットを把握しておきましょう。

戸建てを賃貸で借りる

戸建てを賃貸で借りる場合、主なメリットとデメリットは金銭面が関係してきます。

メリット

戸建てを借りるメリットは、費用を大幅に節約できることです。

当然のことながら、家を購入するのには大幅に費用が発生するため、莫大な頭金が必要になります。

しかし、賃貸の場合は敷金や礼金、仲介手数料などの料金さえ支払えば、家を利用できます。費用で比較すると、およそ100分の1以上安いです。

また、税金がかからないというのも嬉しいところですね。

購入した場合、年に一回だけ固定資産税、都市計画税といった税金が徴収されます。

そのため、税金による出費を抑えやすいです。

他にも、転勤が多い人は引っ越ししやすかったり、自然災害時で家が破損しても財産に影響が少なかったりなども賃貸物件のメリットです。

デメリット

長年住み続けた場合、最終的な費用は購入するよりも高くなります。

確かに購入した家屋は初期費用が高いですが、家賃を支払う必要はありません。

それに対し、こちらは月に数万支払わなければならないので、年単位で見ると発生する費用がこちらのほうが多いケースがあります。

数年単位で見れば圧倒的に安くても、十年単位で見れば高くついたというケースもあるのです。

お金を稼げているうちは良いですが、働けなくなった老後の支払いをどうするか考えなくてはならないというのは大きなデメリットと言えるでしょう。

戸建てを購入した場合

次に、戸建ての購入した場合のメリットとデメリットを見てみましょう

メリット

家を自由にできるというのが大きなメリットです。

建売住宅やセミオーダー住宅の場合、自由にできる範囲が若干少ないですが、注文住宅だと完全に自分の好きな家を建てられるのは、賃貸では出来ないメリットです。

また、賃貸物件では壁や床、設備などに傷をつけルト料金を支払わなければならないので壁に穴を開けて家具を設置するといったことが出来ないのに対し、購入した場合は自由なので購入後の小さなリフォームも行いやすいです。

また、たしかに頭金がかかりますし税金もかかりますが、後年その土地の価格が数倍に膨れあがったら立派な資産になるので収入に変化する可能性があるというのも忘れてはいけません。

金銭面の問題でいえば、老後の生活に担保にすることも出来ます。

生活面で困るようなことがあった場合お金を融資してもらえるリバースモーゲッジ制度は、購入した戸建てでないと利用できません。

デメリット

やはり、初期費用の高さが問題になります。

和歌山市での価格相場を見ると、3DKで2000万以上かかるとされています。

もちろん一括ではなくローンでの支払いもできますが、やはり高くて手が出にくいでしょう。

また、家を作ってもらう時、依頼した業者が悪徳業者で手抜き工事をされるという可能性もごく僅かですがあります。

これはきちんと業者を調べれば回避できますが、やはり若干不安な要素です。

賃貸ではそういったリスクがないので、費用に関する面で言えば圧倒的に高く付いてしまうのです。

そうならないためにも、家を購入する場合はよく考えて信頼できる業者を選びましょう。